注文住宅のリフォームで注意すべきポイントは?

リフォームを考えた時に読むサイト

リフォームは新築よりも難しい?

「よし、自宅をリフォームしよう!」善は急げと言いますが、リフォームはじっくり検討するのが吉。なぜなら、リフォームするかを決定するためにやっておいた方がいいことがいくつかあるからです。例えば、「本当に必要なリフォームの確認」など。リフォームを検討する時点で知っておきたいことを解説していきます。

どこに依頼する?リフォームって何?

確認事項をクリアしてリフォームすることを決定したら、次は依頼する会社を決めなければなりません。でもそういえば、リフォーム業者って悪質ところが多いのでは…?いいえそれは違います。何故リフォーム業者がそのようなイメージを持たれてしまうのか、またリフォームを行う時に組むリフォームローンについて解説します。

新築よりもリフォームをオススメする理由

これまでリフォームを行う際に気を付けなければならないことをいくつか挙げてきましたが、ここまで読んで「リフォームは諦めよう…」と思った方や「でもやっぱりリフォームしたいんだけどな…」という方に向けて、最後は新築や建て替えではなく「リフォーム」をオススメする理由を挙げていきます。

リフォームを決める前に、これを確認しておこう

「注文住宅で家を建てたけれど、住んでみたら思ったより不便だった」「昔は快適だったけれど、ライフスタイルが変わって不便になってしまった」「子どもが増えたから、収納スペースが狭くて不便だ」そんな「不便」を解消する方法の一つに「リフォーム」があります。新築や建て替えよりも安く短期間で済ませられるのが最大のメリットですよね。でも、リフォームをする時には注意しなければならないことがいくつかあります。
リフォームは新築を建てる時と同じようにリフォームを請け負ってくれる会社と相談しながら内容を決めていきますが、新築で建てたときと同じだと思っていると、後で困ったことになりかねません。例えば資金の問題。新築の時に組んだ「住宅ローン」と、リフォームをおこなう時に組む「リフォームローン」は大きく異なります。具体的にどこが違うかは後の項で詳しく述べています。
リフォームは確かに安くていいけれど、こんな話も聞いたことが…「リフォーム業者って悪質なところが多いってホント?」いいえ、そんなことはありません。そのようなイメージを持たれてしまっているのには理由があります。たしかに、リフォームには業者とのトラブルが多いのも事実です。でもそれは、施主(リフォームを依頼する側)の無知が原因の場合も多々あります。実はリフォームは新築を建てるよりも難しいため、施主もしっかり知識を頭に入れておく必要があるのです。
このサイトでリフォームに関する基礎知識を身に付け、少しでもトラブルになる可能性を減らしていきましょう。